なんだか健康や美容によさそうな響きですが、どれもがオーガニック食品を名乗れる訳ではなく、一定の基準を満たす必要があります。ここではそんなオーガニック食品の基準や、有機野菜・無農薬野菜の違いについてお伝えしていきたいと考えています。ですが、人によって好みがあるため、ここではひとところの意見だけでなくまんべんなく一般的にいわれている内容であることをご了承ください。

オーガニック食材とは

オーガニックを直訳すると「有機栽培による」となります。つまりは、化学合成農薬や化学肥料といったケミカルな力に頼り切ることなく、自然の力をフルに活かして生産された農作物ということですね。ですが、ケミカルな薬を使わなければどれもがオーガニック食品を名乗れる訳ではありません。日本では農林水産省が検査制度を設けており、この検査をクリアしたもののみが「有機JASマーク」を貼ることを許されています。世界的な規模に目を向けると国際NGOであるIFOAM( 国際有機農業運動連盟) が国際ガイドラインを作成しており、広く使われています。手持ちの食品や購入を迷っている食品が、オーガニック食品か知りたい場合はオーガニック認定マークを確認するのが一番の近道となるでしょう。

オーガニックと有機野菜・無農薬野菜の違いは?

オーガニック食品は無農薬で栽培されているというのは間違いです。オーガニック食品は有機栽培食品であることをお伝えしましたが、無農薬野菜との違いをみていきましょう。

・有機栽培

有機栽培とは無農薬とイコールではありません。無農薬を行っている場合もありますが、基本的には国際基準に沿った30種類の農薬は使用している可能性があります。また、栽培時だけでなく、種まきもしくは植え付けの前の2年から3年はその土地で禁止農薬や化学肥料を使用していないことも条件の1つ。栽培時、栽培前の基準をクリアしてから初めて申請ができるようになる手間のかかるものなのです。さらに年に1度は農家に検査が入ることになっており、質の低下を防いでいます。

・無農薬栽培

実は、農林水産省の基準では「無農薬」だけでなく、減農薬・無化学肥料・減化学肥料の表示をしてはならないことになっています。これは、生産者の考える無農薬栽培と消費者の考える無農薬栽培の差が激しいことでトラブルとならないための措置です。実は農薬は危険な化学物質だけでなく、カテゴリー的には「なたね油」や「食酢」も農薬の一部であり、農薬を使わないことの線引が難しい現状があります。したがって、有機栽培のように基準となる指針はなく、自己申告を基準に判断するしかありません。一番近い基準は「特別栽培農産物」と呼ばれるものがあり、野菜や果実、穀類・豆類・お茶に適用されます。基準は、種まきや苗植え前は問いませんが、栽培期間中に対象農薬を使用しなければ名乗ることができます。これ以外にも特別栽培農産物を基準に都道府県が独自に認定している基準もあり、分かりにくくなっている部分も否めません。

つまり、厳格な基準で管理されている「有機栽培」に対して、「無農薬栽培」は生産者の基準で管理されているということになります。もちろん、情熱とプライドを持ち無農薬栽培に取り組んでいる方は多いですが線引は曖昧であり、消費者が考えるものとは違う場合も多々あることを知っておきましょう。

オーガニック食材の価格

オーガニック食品は通常の栽培よりも手間ひまがかかり、流通量も少ないことから価格は高額になりがちです。できれば全部オーガニック食品に変えたいけれど、この点がネックになっているという方も多いでしょう。一体一般の食品とどれほど違うのか気になりますね。そこで、少し価格を比べてみましょう。

    商品名 オーガニック食品価格 一般食品価格
    強力粉1kg 800円 260円
    薄力粉1kg 800円 200円
    トマト缶400g 500円 100円
    バナナ3本 300円 120円
    小松菜1袋 320円 100円
    しいたけ100g 420円 100円
    納豆3パック 220円 100円
    醤油500cc 500円 300円
    玉ねぎ500g 550円 150円
    コーンフレーク150g 500円 200円
    米1kg 1500円 600円
    レーズン1kg 1500円 500円

差の少ないものでは2倍から3倍、大きなものは5倍ほど価格が上がります。取り入れる場合は、どのように家庭の食卓に取り入れるのか、どれくらいなら負担なく始められるかよく検討する必要があるでしょう。販売場所やブランドによっても価格が異なるので、自分にあったものを探してみるのもおすすめです。

最後に

家族の健康や美容のためにオーガニック食品を取り入れるのもいいですね。そのためにもまず、オーガニック食品とはどんな定義なのか?や、どんなものなのかを知ることはとても大切です。ここではこれ以外にもオーガニック食品についての情報をどんどん提供していきますので、どうぞ参考にしてくださいね。

  • 横浜市旭区の交通事故外傷専門治療センターは交通事故にあい「どうしていいかわからない」「治療はどうすればいいの?」「治療費はどうなるの」というお困りの方をサポート。示談をする前であれば、0円と患者様の負担はありません。現在、他の病院(整形外科・整骨院など)に通院されている方でも転院は可能です。お気軽にお問い合わせください。
  • 京都で中華を食べるなら、老香港酒家京都(オールドホンコンレストランキョウト)をご検討ください。当店は中国広東省で、はぐくまれた広東料理の伝統をひきつぎながら、最新のトレンドを融合した香港料理の本格中華レストラン。情熱と真心でお料理をご提供することをお約束。厨房はキャリアを重ねた香港出身の調理人たちが、専門性を活かして鍋・切場、前菜・焼場、点心など各部門に分かれ担当。永年培ってきた技により、最高の味を追求しております。本場さながらの「香港スタイル」をお楽しみください。
  • 船橋で整体をお探しなら、習志野タミ整骨院がおすすめです。身体のゆがみを治したい方、骨盤矯正をすることでダイエットしたい方、腰痛に悩んでいる方など、ぜひお気軽に整体をご利用ください。
  • リサイクルショップを京都でお探しなら、トレジャーハンターがオススメ。当店は各アイテムの買取専門店に負けない買取価格を提示!幅広いアイテムを取り扱っております。査定は実績豊富なプロが行うため、1点1点ていねいに査定してもトータル時間はハイスピード!お客様をお待たせしません。お客様にご満足いただける買取サービスをご提供いたします。
  • 社交ダンスを埼玉でするなら、内堀ソシアルダンススタジオがオススメ。当スクールはJR浦和駅徒歩5分。「正しく・強く・美しく・楽しく」がモットー。生徒さんと会話・コミュニケーションを大切に丁寧にご指導させていただいております。わからない点などがあれば、遠慮なくお聞きください!それぞれの種目のさまざまなテクニックやダンスの楽しさ、奥ぶかさをみなさまにできるだけお伝えできるよう日々レッスンさせていただいております!無料体験レッスンにぜひお越しください!
  • 神戸の杉本美容形成外科は神戸で最初の美容外科・形成外科。神戸大学大学院形成外科および神戸大学附属病院美容外科の関連施設として連携。世界標準の観点から、EBM(医学的根拠)にもとづいた安心、安全で効果的な治療を行うように心がけております。カウンセリング、治療、アフターケアと一貫して同じ医師が行いますので、安心して治療を受けて頂けます。